美容効果が得られるイソフラボン

  • 美容効果

美容効果が得られるイソフラボン

イソフラボンは女性ホルモンによく似た性質を持つ事でも知られていますが、ポリフェノールの一種でもあります。
ポリフェノールには高い抗酸化作用があるため、体内の活性酸素を除去し体の酸化を防ぐ事ができます。

体が酸化するという事は、サビる事であり、結果的に老化を早めてしまいます。
イソフラボンには老化防止効果も期待できる事からアンチエイジング化粧品にも多く取り入れられています。
女性ホルモンのエストロゲンによく似た性質を持つ事から、女性らしい体つき、ツヤのある肌や髪、美白、バストアップまで幅広い美容効果にも注目です。

エストロゲンは女性らしさを維持するにも欠かせない物ですが、年齢とともに体内で生成される量が減っていきます。
卵巣で作られる事から、閉経を迎えるとエストロゲンの生成ができなくなるため、ホルモンバランスが崩れ更年期障害が起こります。
エストロゲンの減少は更年期障害以外にも、女性らしい要素を減らしてしまうため、積極的に補う事が大切なのです。

イソフラボンを取り入れる場合は、大豆の加工品を食べるか、サプリメントから取り入れるか、化粧品などで肌に塗るかの3種類の方法で摂取できます。
スキンケア用品としてイソフラボン配合の化粧品を使えば、肌の外側からケアができます。
保湿力が高いので年齢からくる乾燥にも対応できます。
食事やサプリメントから取り入れる事で、体の中から美容効果を目指したケアができます。
どの方法で取り入れるかは自由ですが、両方を併用する事で効果的に取り入れる事ができます。

元々大豆に含まれる植物由来の成分ですが、大豆がアレルゲンとなる場合は注意が必要です。
大豆そのものではなく、胚芽に含まれる成分を抽出していますが、大豆の成分が入っている可能性もあるので、アレルゲンとなる場合は費用を控えましょう。

サプリメントや食事から摂取する場合は、ビタミンCとの相性が良いのでビタミンCと同時摂取するのもおすすめです。
化粧品として使う場合は、化粧水、乳液、美容液、クリームをライン使いするのがおすすめです。
それぞれのアイテムが次に使うアイテムをサポートして、相乗効果が生まれます。

イソフラボンを取り入れる方法はいくつかあります。
美容効果も期待できますから、積極的に取り入れていきましょう。

ページのトップへ戻る