イソフラボン配合の化粧水の効果

  • 美容効果

イソフラボン配合の化粧水の効果

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンによく似た性質がある事で知られています。
更年期になると卵巣の機能が低下するので、エストロゲンの量が減り更年期障害を起こします。
こういう時に大豆に含まれるイソフラボンを摂取すると、不足を補い辛い症状を改善できると言われています。

イソフラボンを摂取したい時は、大豆製品を食べれば簡単に摂取できます。
女性らしさを保つ上でも欠かせないホルモンですから、これをスキンケアに取り入れる事で肌の外側からのケアも可能になります。
元々は大豆に含まれる成分ですから、食品として気軽に食べている物から作る化粧水なら安心して試せます。

イソフラボン配合の化粧水は保湿効果が期待できます。
乾燥肌や年齢からくる乾燥に悩む人にもおすすめです。
イソフラボンは、大豆の胚芽部分にごくわずかしか含まれません。
化粧水に配合するのは胚芽から抽出したエキスです。
化粧水は肌に水分補給をするために使いますが、ここに高い保湿力が加わると肌の状態を整え乾燥を防ぐ事ができます。
メーカーにより多少はテクスチャーの違いなどもありますが、全体的に付けた後もさらっとしていてベタつかないのに、仕上りがしっとりしているのもメリットです。

肌から摂取するイソフラボンには高い保湿効果があります。
乾燥肌の人は年間を通して使用できますし、普通肌の人は空気が乾燥しやすい秋から冬にかけて取り入れるのもいいかもしれません。
皮脂の分泌をコントロールする働きもあるので、乾燥からくる皮脂の過剰分泌で起こる毛穴づまりなども肌トラブルも軽減できます。

化粧水に配合する場合は保湿成分として使われます。
単体も効果は期待できますが、ヒアルロン酸やコラーゲンなども相性が良い成分をプラス配合すると相乗効果も期待できます。
メーカーによりテクスチャーは異なりますが、比較的サラっとしているのにしっとりとしてベタつかないのが特徴です。
植物性の成分ですから肌なじみもよく、トラブルを起こしにくい事から人気があります。

原料が大豆という事もあってコストがあまりかからず、イソフラボンの化粧水は購入しやすいのもポイントです。

種類はたくさんありますから、プラス配合している成分などを見て、自分に合った化粧水を見つけてください。

ページのトップへ戻る